大手企業から農業に転職する

農業などの第一次産業に従事している人は減少しています。仕事内容が大変であることや、若者が大手企業に集中して後継者がいないことなどが原因です。それを踏まえて国や地方自治体は、農業や漁業、林業で働く人を増やすために補助金を出すなど取り組みを行っています。よって大手企業から転職しても、給料がそれほど下がらない可能性もあります。農業をしたいと希望すれば、転職を斡旋してもらいやすく、大手企業に勤めている時より仕事にやりがいを感じる人もいます。農業では生き残るために様々な変化が起こっています。昔ながらの手法だけでなく、バイオテクノロジーを活用した品種改良や、生産ブランドのマネジメントなど大手企業に負けないビジネスを展開しています。生産する第一次産業と加工する第二次産業、流通の第三次産業を網羅することから第六次産業と呼ばれています。転職した時に多様化した農業に適応する能力が試されています。昔ながらの農業を営む農家では人手不足が新奥かしています。畑作で有機農業や無農薬野菜を栽培するには、長い時間と多くの人手が必要です。稲作は機械が導入されたことで効率が良くなり、募集は少ないです。地方自治体では仲介業務として、人手不足の農家に弟子入りする仕組みを採用していることが多いです。一方、平成21年からの改正農地法によって農業分野に参入する法人は増えています。これらの企業では、独自のブランドを広めるために流通に力を注いでいるので、大手企業でマーケティングや営業を担当していた人を好む傾向になります。また製品を宣伝するためにはウェブサイトが必要なので、IT技術に精通した人材も欲しがっているので転職しやすいです。