転職の動機を明確にする

転職活動を始める前に、まずは動機を明確にしましょう。いくら転職がマイナスにならない時代になったとはいえ、人生の大きな転機であることは間違いありません。理由もなく会社を辞めようなどと考える人はいないでしょう。明確にするまでもなく、理由はすぐに分かるはずです。しかし、動機を明確にするというのは、単に理由を言えるだけではいけません。給料が安い、やりがいがない、人間関係が悪い、これは辞めたい理由です。転職の動機にはなっていません。今の会社でも充分に改善の余地があるからです。給料が安いなら、昇給を目指して資格を取得したり、手当てが増える部署に異動させてもらったりして改善する可能性があります。やりがいがないなら、異動を願い出たり、自らやりがいを見つける努力をしたり、とやるべきことがあるはずです。人間関係が悪いなら、改善する努力をしたかどうか考えましょう。特定の上司や同僚との人間関係に悩んでいるなら、時が解決してくれるかもしれません。会社では定期的に人事異動がありますから、何年も同じ上司、ということのほうが稀です。会社の人間全員と上手くいかないというなら、自分自身に問題があると言わざるを得ません。このように、努力をすれば改善の余地があることを努力しない人は、転職をしても決して満足はできないでしょう。新しい職場でまた不満が出てきて転職を繰り返すタイプです。現職では実現できないこと、今の会社では改善できないことがあれば、その時が本当に転職をすべき時です。動機が明確になれば、面接の時に退職したい理由も堂々と述べられますし、志望動機も前向きなものになるでしょう。モチベーションが維持できるうちに活動し、短期決戦を目指すのが成功の秘訣です。

その転職は本当に必要ですか

転職したいと思った時、今勤めている会社で自分の希望が叶えられることは無いのか、改善の余地は無いのかを十分に検討しましょう。もし、何らかの方法で改善策が期待できるのであれば、今の会社でその方向に全力で頑張っていくことに価値があります。給料の額が良いからという理由で転職を考えるのは少し危険です。給料が多いということは、それだけ高い能力を必要とされています。会社が必要とする能力に満たなかった場合、むしろ今よりも減給になってしまう可能性も無いとは言えません。転職は、自分の目的を達成する為に行うのが本来の姿勢であり、転職すること自体が目的になってしまっては本末転倒です。明確な目的意識を持つことが、成功への近道になるでしょう。転職を検討する時には、まず自分の将来像を考えてみましょう。どんな人生設計を送りたいのか、どんな人生なら幸せだったと言えるのか、です。それを検討することで、幸せな人生を送る為には、どんな仕事が自分に合っているのか、を考えることが出来ます。将来的な人生設計が明確に分からないという方は、これまで仕事をしてきた中で自分がどういう歩みをしてきたのか、を明確にしましょう。得られたキャリアやスキルなどを書き出し、それらは自分にとってやり甲斐を感じられるものだったり充実感があるものだとしたら、今まで行って来た仕事は自分に合っていたと言えるでしょう。それを、将来にどう生かしていけば良いのか、生かす為には何をすれば良いのかが見えてくるのではないでしょうか。現在の仕事が自分に合っているか分からないという場合は、まず現在の仕事に全力投球で取り組んだかを振り返ってみましょう。全力で取り組んだことにより、仕事のやり甲斐を感じることも出来ます。全力で取り組んでも自分には合わないと感じた時、転職の方向で考えてみると良いのではないでしょうか。

後悔しない転職をするために必要なこと

新入社員として働き始めてから、転職を決意するまでの経緯は、人それぞれです。例えば、自分に合った職種ではなかったり、年収をアップしたいと言う考えだったり、人間関係がうまくいかなかったりなど、転職には、様々な理由が挙げられます。しかし、せっかく新しい仕事に就くからには、後悔しないようにと誰もが思うはずです。まだ20代のうちに転職するのであれば、自分のスキルアップのために、色々な職種で働いてみたいと言う理由でもいいですし、新しい人脈を作るため、またはワクワク出来るような仕事など、自分のモチベーションが上がるような職種に就きたいと言う理由でもいいかもしれません。実際に辞めようと決めてからは、次の仕事を決定するためのリサーチが始まります。その時に注意しなければならないことが、いくつかあります。まずは、次の仕事が決まってから、現在の職場を退職することです。つまり、これまで通り、安定した収入を得ながらも、限られた時間の中で転職活動をすることは、良い経験にもなりますし、貯金を減らすこともないので、じっくりと取り組むことが出来ます。そして、労働環境や様々な条件についても、公開されている情報だけではなく、自分で幅広く情報収集してみることが大切です。もし可能ならば、実際にその会社で働いている人とコンタクトを取り、直接、その会社について聞いてみると良いかもしれません。自分が本当にやりたいことは何なのか、転職において、何を重視するのかと言う、絶対に譲れないことを軸に置いて、会社を絞り込んでいくと後悔することは少ないかもしれません。つまり、職種でも条件でも、優先することを明確にしておくことが大切だと言えます。

▼web系に転職・就職希望の方は一度こちらを見ておくと良いと思います
WEBディレクターへの転職【勤務地:札幌】